ノルンの思い

 

【東洋医学について】
 
 西洋医学において最近、「プライマリケア」という考え方が定着してきました。病気になるからお医者さんにかかるのではなく、病気にならないために普段から相談できるお医者さんがいたらいいな、という発想です。
  
 ホームドクターとして、赤ちゃんのときからおじいちゃんおばあちゃんになるまで、身近でいつも相談できるお医者さんがいたら心強いですね。

 

 東洋医学にはもともとこのような考え方が流れています。東洋医学の考え方のひとつに「未病を治す」というのがあります。病気になりにくいカラダ、病気になっても治りやすいカラダ、健康でたくましいカラダに徐々に近づけていく医療が東洋医学です。そのため、「養生法」といわれる現在のセルフケアも非常に発達していました。

 

 

【ノルンの思い】 

   
 では、そのような健康的なカラダになるにはどうすればよいでしょう。
たとえば腰が痛い方の場合、鍼灸治療をしたら、腰の痛みはやわらぎ治っていくでしょう。しかし、もしかしたら、またしばらくして腰に痛みが出てくるかもしれません。なぜなら様々な理由で腰が痛くなりやすい環境をもった方なのですから。

 

 治療をしながら、その方に合ったセルフケアの方法も伝えたい。そして治療が終了するころには、自分自身が一番身近なホームドクターとなってほしい。
 この私の思いからノルンが始まりました。

 

―みなさんひとりひとりが、自分のカラダの名医となりますように―